ここから本文です

<結木滉星>念願の「青春もの」出演に歓喜 「メンタルが弱い役」に初挑戦 「あおざくら 防衛大学校物語」インタビュー

11/7(木) 18:40配信

MANTANWEB

 俳優の結木滉星さんが、本郷奏多さん主演の連続ドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」(木曜深夜0時59分)に出演中。本郷さん演じる主人公の近藤勇美と同じ1年生で、寮生活でも同室の原田忠役を演じる結木さんは「単純にうれしかったですね。青春ものをすごくやりたかった。昔から男たちがワイワイするような作品に出たかったので」と喜ぶ。一方で、演じた原田のキャラクターについては「演じるのは今回が初めて」の難しい印象だったという。結木さんに、作品への思いや演技の苦労などを聞いた。

【写真特集】結木滉星、パープルのニットで冬先取り 全身も

 原作は、マンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の二階堂ヒカルさんのマンガ。入学金と学費が免除され、毎月手当が出るという防衛大学校を舞台に、近藤がさまざまな目標を持つ仲間と共に、時に苦しみ、時に喜び、成長していく青春物語。小澤廉さんが沖田蒼司役、小園凌央さんが武井寅明役で出演するほか、舞台で活躍する高崎翔太さん、伊阪達也さん、狩野健斗さんも出演、同キャストでの舞台化も決定している。

 特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で主役の朝加圭一郎(パトレン1号)を演じていた結木さん。今回演じた原田は「何でもそつなくこなせるタイプで、そこそこ気のいい人間なんですが、自信の無いキャラクター」だといい、「メンタルの弱い人間を演じるのは今回が初めてくらいだったので、すごく難しいなと思っていました」と、オファー時の印象を振り返る。

 役作りでは「見た目とかが自分と違い過ぎたので、(マンガと)似せるというのも(違う)」と、ドラマオリジナルの要素を意識したという。あえて原作を読み込むことはせず「監督とたくさんディスカッションさせてもらった。細かいところまで監督に相談してドラマ版の原田が出来上がった」と明かす。原田の魅力は「回を増すごとに人間臭くなっていくので、共感できる人は割と多いと思います。やっと本音で生きていくという覚悟が決まったんだなというところは見てほしい」と力を込めた。

 舞台となった防衛大学校については「この作品を知るまでは知らなかった。お堅いイメージで、全てが厳しいのかなと思ったんですが、実際に見学したら、皆さんキラキラしていた。昔はほぼ男子校だったらしいんですが、今は結構女性が多くて意外でしたね」。

 撮影では「ハプニングは無いですけれど、長回しで腕立てのシーンとか、ひたすら腕立ての構えで話を聞いていなきゃいけなかった」と苦労を告白し、「クランクイン前にジムに行って鍛えだしていたから、まだましでした」と笑顔。撮影後はトレーニングは続けていない様子で「きつかったから(トレーニングから)離れたいと思いました」と、ちゃめっ気たっぷりに明かした。

最終更新:11/7(木) 18:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事