ここから本文です

トヨタ自動車、円高影響も売上・純利益で過去最高を更新 2019年4-9月期決算

11/7(木) 15:45配信

レスポンス

トヨタ自動車は11月7日、2019年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。売上高、純利益ともに過去最高を更新した。

2019年4~9月期における日本、海外を合わせた自動車の連結販売台数(6か月累計)は、前年同期比5.0%増の463万9000台だった。日本での販売台数は同10.6%増の114万台、海外は同3.3%増の349万9000台。海外の内訳は北米が同2.5%増の144万6000台、欧州が同6.3%増の52万4000台、アジアが同2.2%増の82万9000台、その他が同4.0%増の70万台だった。

これらの結果、売上高は同4.2%増の15兆2855億円となり、3年連続で過去最高を更新した。また、営業利益は同11.3%増の1兆4043億円、税引前純利益は同2.2%増の1兆5834億円。純利益は同2.6%増の1兆2749億円、4年ぶりに過去最高を更新した。

営業利益の増減要因については、増益要因として、営業面の努力が1850億円、原価改善の努力が600億円、その他が1074億円。一方、減益要因としては、諸経費の増減・低減努力が1200億円、為替変動の影響が900億円だった。

通期業績見通しについては、税引前純利益2兆6300億円(前回予測比+700億円)へ上方修正。売上高29兆5000億円、営業利益2兆4000億円、純利益2兆1500億円は前回予想を据え置いた。なお、想定為替レートは米ドル107円(1円円安)、ユーロ118円(3円円高)に見直した。


《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:11/7(木) 16:33
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事