ここから本文です

楽天回線がつながる/つながらないところ 都内と近郊で試して分かった

11/7(木) 6:05配信

ITmedia Mobile

 楽天モバイルの無料サポーターになってから2週間がたちました。本来なら約5000人だけが使える楽天回線をとことん使い倒したいところですが、あいにく以前から予定していた入院と重なり、3日ほど出歩けない状態になってしまいました。病院は六本木にあり、筆者の病室は4階でした。

楽天「圏外」のエリア

 ありがたいことに、病院内は楽天回線にばっちりつながり、MacBookをネットにつなぐためにテザリングが大活躍しました。ちなみに、病院内では下り60Mbps、上り40Mbpsくらいの速度で利用できました。無料サポーターですから、テザリングも無料です。

 おかげさまで手術は成功し、退院後の自宅療養を経て、10月27日(日曜)から自由に動ける身体に戻りました。その後、都内のあちこちに足を運んで、楽天モバイルのMNO回線がつながるかどうかを試しています。既に基地局が設置されている東京23区内だけでなく、神奈川県川崎市、埼玉県和光市、千葉県市川市など、東京に隣接する地域にも足を延ばしてみました。

渋谷、新宿、池袋などの繁華街では?

 渋谷は開発途中にある東口側で、通信品質をチェックしてみました。どの周波数帯につながっているかは「Net Monitor」というアプリを使いました。地下にある副都心線の駅では楽天回線にはつながらず、au回線にローミングされましたが、地上に上がると楽天回線に切り替わりました。通信速度は、下りが20~40Mbps程度で、上りは50Mbps前後出ることが多かったです。

 商業ビルのヒカリエに入り、オーブという劇場がある11階まで上ってみました。ビルの中でも、楽天の電波をキャッチすることを確認できました。アンテナもフル表示で通話も支障なくつながりました。

 新宿では東口に出て、ビックロや伊勢丹(本館)の中でも電波状況をチェック。JR新宿駅の周辺では、何と下り90Mbpsを超えるスピードを記録しました。人出が多い日曜の午後でしたが、筆者の近くに楽天の無料サポーターはいなかったのでしょうね。高速回線を独占できたようです。

 ビックロでは、どのフロアでも楽天の電波をつかみました。ただし地下1階ではアンテナ表示が2本になり、通信速度が著しく落ちました。それでも電話はつながりました。GUがある7階まで上がってみたところ、アンテナはフル表示にならないものの、ブラウザの利用に困らない程度の速度は得られました。屋内にも、しっかり基地局が設置されているようです。

 しかし伊勢丹に入ると、途端に楽天回線への接続が弱くなりました。「Net Monitor」アプリで確認したところ、一応、楽天回線につながっていたようですが、場所によっては電話を発信できないことも。エスカレーターで階上へ。5階に上がったあたりでau回線に切り替わりました。

 その後は安定してau回線につながり、7階で通信速度を測定したところ、下り60Mbpsを超えるスピードを記録しました。再びエスカレーターで降りてみると、1階に降りたところで、au回線から楽天回線に切り替わりました。恐らく、伊勢丹の館内ではauにローミングされるものの、地上に近い場所にいる場合は、楽天回線につながるのだと思われます。ちなみに、ネットワークが切り替わる場合、通話はいったん切れてしまいます。

 池袋は、西口でチェック。駅の周辺では、途切れることなく楽天回線につながり、通信速度は上下ともに30~50Mbpsといったところでした。特に池袋西口公園、東京芸術劇場の近くでは高速でつながりました。

1/3ページ

最終更新:11/7(木) 6:05
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事