ここから本文です

韓国首相「日本が自己中心発表、穏当でない…国際基準に合わない」

11/7(木) 15:07配信

中央日報日本語版

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相の歓談に関する日本政府の発表が国際基準に合わないと批判した。

李首相は7日、国会予算決算特別委員会全体会議で、張済元(チャン・ジェウォン)自由韓国党議員が「韓日対話に関する各政府の発表に大きな温度差がある」と指摘すると、「日本の発表は国際的基準に合うと見ない」と述べた。続いて「日本側は対話の内容も紹介しなかった」とその理由を明らかにした。

李首相は「私も安倍首相と会ったが、会った後に両国の発表文を見ると、我々の発表文は私と安倍首相の発言が6対4程度だが、日本外務省は95対5程度で自己中心的な発表をした」と指摘した。また「日本は対話の内容について韓国側に尋ねてほしいと話したという。穏当なことだとは思わない」と話した。

李首相は韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に関しては「日本が7月以降に取った韓国に対する不当な経済措置を撤回すれば、我々もGSOMIAを再検討できるという立場に変化はない。方法がない」と述べた。

これに先立ち文大統領と安倍首相は4日、タイ・バンコクで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議への出席をきっかけに接触した。韓国政府は両首脳が今回の接触を通じて「対話の意思を確認した」と強調した一方、日本政府は「従来の立場を説明しただけ」と発表し、両国間の解釈に隔たりが見られた。

最終更新:11/7(木) 15:07
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ