ここから本文です

中国シャオミ、1億画素5眼カメラ搭載スマホ「CC9 Pro」発表~「Mi」初のスマートウォッチも発売

11/7(木) 11:45配信

Impress Watch

 中国スマホメーカーのシャオミ(Xiaomi、小米科技)は5日、スマホ新機種「CC9 Pro」とMiブランドとして初のスマートウォッチ「Mi Watch」を発表した。世界最大のネットセール「独身の日(ダブルイレブン)」に合わせ11月11日0時に発売する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 CC9 Proの最大の特徴は、1億800万画素のメインカメラだ。シャオミは9月に発表した非量産型コンセプト機種「Mi MIX Alpha」に続いて、量産型のCC9 Proでも1億画素を実現した。

 CC9 Pro は1/1.33インチのイメージセンサーを備え、メインカメラのほかに1200万画素と500万画素の望遠カメラ、2000万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラの五眼カメラ仕様。また、光学5倍・ハイブリッド10倍・デジタル50倍のズームを搭載している。

 スマホ・デジタルカメラをレビューするDXOMARKは、CC9 Proのカメラ性能を世界2位、動画性能は世界1位と判定。総合ではファーウェイのMate 30 Proと並ぶ世界トップと評価した。

 SoCにSnapdragon 730Gを搭載。バッテリー容量は5260mAhで、30Wの急速充電にも対応し、30分で58%、65分でフル充電可能。また、指紋認証センサーを薄型ディスプレイに内蔵した。

 カラーはホワイト(氷雪極光)、グリーン(魔法緑鏡)、ブラック(暗夜魅影)の3色。

■Miシリーズ初のスマートウォッチ

 5日の発表会ではMiシリーズ初となるスマートウォッチ「Mi Watch」も注目を集めた。

 MI Watchのディスプレイは1.78インチ。アルミ製のスタンダードモデルはブラックとシルバーの2色。このほか、ステンレスのボディにサファイアガラスを配したプレミアムモデルも発売する。

 プロセッサはクアルコムのSnapdragon Wear 3100 、メモリは1GB、ストレージは8GBとなっている。独自のユーザーインターフェイス「MIUI For Watch」を搭載する。570mAhのバッテリーを搭載し、フル充電で36時間駆動するという。

 シャオミのエコシステムチェーン総経理、屈恒氏は「市場に出ているスマートウォッチの多くは単なるスマートブレスレットだが、シャオミは腕時計型のスマホをつくった」と自信を示した。

 価格は通常版が1299元(約2万円)、プレミアム版が1999元(約3万1000円)。

ケータイ Watch,浦上 早苗

最終更新:11/7(木) 11:45
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事