ここから本文です

渡辺大知が光石研をおんぶ「わたしは光をにぎっている」新カット公開

11/7(木) 18:00配信

映画ナタリー

「わたしは光をにぎっている」の新たな場面写真が到着した。

祖母の入院を機に上京し、銭湯で働き始める20歳の宮川澪を主人公とする本作。松本穂香が澪を演じ、「走れ、絶望に追いつかれない速さで」「四月の永い夢」の中川龍太郎が監督を務めた。

【動画】「わたしは光をにぎっている」予告編(メディアギャラリー他5件)

このたび公開された写真は、渡辺大知扮する銭湯の常連客・緒方銀次を捉えたもの。酔い潰れてしまった、光石研演じる三沢京介をおんぶするシーンが切り取られている。渡辺は「おんぶのシーンは楽しくて、何度かテストするたびに、光石さんが自然とおぶさってくるようになって呼吸が合ってきました」と撮影を回想。また中川は渡辺について「とても誠実に役柄について考えてくださっていたように感じました。もっともっと自分が成長して、また渡辺さんにご一緒してもらいたいです」と語った。

「わたしは光をにぎっている」は11月15日より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。



(c)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

最終更新:11/7(木) 18:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事