ここから本文です

舟山久美子、結婚後初公の場 心境の変化語る「安心感があります」

11/7(木) 18:17配信

オリコン

 モデルでタレントの舟山久美子(28)が7日、東京・SHIBUYA109で行なわれた『SHIBUYA109 LIVE TV ハチスタ』オープニングセレモニーに出席。先日、日本テレビ系『ヒルナンデス!』で、かねてより交際していた36歳の一般男性と結婚したことを生発表し、16日に結婚後、初めて公の場に登場した。

【全身ショット】みちょぱはミニワンピで美脚披露

 池田美優(21)とともに“渋谷”代表として登場した舟山は、109の横でスカウトされたことを振り返り「あのスカウトがなければ今このステージにも立ってない。そう考えると渋谷は思い出の場所」としみじみ。当時と比べ「ただの女子高生が、全然知らない世界にいく感覚だったので、ただただ目の前のことをガムシャラにやっていくみたいな。それも自分自身で決めていくわけですし。それが結婚したことで、2人で一緒に考えていける人がいるんだという安心感があります」と心境の変化を明かした。

 また、もし女子高生に戻れるなら、という質問に「制服ディズニーがしたい」と願望を語った舟山は、記者から夫との制服ディズニーを勧められると「旦那さんと!? 制服ディズニー!? すごい照れますね!」とはにかみ、池田も「見たい!」と興味津々だった。

 一方、池田は「マルキューというか渋谷自体が大好き。いまだに竹下通りは歩かない、渋谷が私のテリトリーだと思って生きてきた」とアツい渋谷愛を告白。舟山が一緒に番組をやるなら「昔を振り返るみたいな。マンバギャルやアムラーになってみたり歴代の渋谷を肌で感じてみたい」と掲げれば、池田も「私も(マンバは)通ってこなかったから、やりたい!」と盛り上がった。

 今後の目標には「本当に現状維持が一番。メインのゲストというより、芸人さんとひな壇でやっているほうが楽しくて安心する。今の位置でガヤガヤしてたい。ちょうどよく今くらいが続けばいいな」と“安定志向”で展望する池田の一方、舟山は「ものづくりの作業が好き。最近やっとYou Tubeを見る側になったので、最近ユーチューバーに憧れてるから…できるかな?」と新境地開拓に胸を膨らませていた。

 同所は、今年40周年を迎えたSHIBUYA109の8階にオープンした新たな放送局。『SHIBUYA109LAND』をコンセプトに、さまざまなコンテンツを展開する同所のエンターテインメントの中心として位置づけられる。

最終更新:11/25(月) 15:11
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事