ここから本文です

メーガン妃 第2子は米国で出産希望 驚きの計画と心境を友人に吐露 英メディア報じる

11/7(木) 16:11配信

Hint-Pot

アーチーくん妊娠中に感じた不安を近しい情報筋が語る

 メーガン妃が第2子は母国アメリカでの出産を希望していると、同妃に近い情報筋が明らかにしたという。何かと「米国流」が話題となる同妃。先日もイベント主催者との挨拶の際に、「米国流」でハグをしようとしたところ、主催者は英国流の挨拶を行ったため息が合わず、珍妙なポーズをとってしまうというハプニングが起こったことも。自身のルーツである「アメリカ」に強いこだわりを持つメーガン妃は、アーチーくんを妊娠中、英国で過ごしていたため「孤独」と「孤立」を感じていたという。次子を妊娠した際には、この経験を繰り返すことなく、友人や家族囲まれた幸せな出産を望んでいると、英メディアが報じた。

【動画】メーガン妃「米国流」でハプニング 主催者との挨拶で息が合わず珍妙なポーズに 実際の様子

 ◇ ◇ ◇

「メーガン妃 たとえ怒りを買うことがあったとしても、伝統に逆らってふたり目は米国で産む」という見出しで報じたのは、英大衆紙「デイリー・エクスプレス」だった。記事によると、同妃はロサンゼルスでふたり目の子どもを産むことを希望しており、すでに計画しているということを、情報筋が英雑誌「OK!」に語ったという。

「メーガン妃はすでにふたり目の赤ちゃんができたときのことを友人たちに話しています。彼女は自身が生まれ育ったロサンゼルスで出産し子育てをしたいようです」「彼女は、家族や友人がいないまま英国で妊娠して、非常に孤独で不愉快な気持ちになったと言いました」と述べているという。

「だからメーガン妃は、二度目はそうならないようにしたいと思っており、彼女が幸せな出産を迎えられるよう、たとえ怒られることになっても伝統を打ち破りたいと思っています」と続けた。

 ヘンリー王子とメーガン妃は、王室の職務から6週間の休暇に入り、この間、同夫妻はメーガン妃の実母ドリア・ラグランドさんと一緒に時間を過ごす予定とされている。王室関係者は、メーガン妃がアーチーくんとの絆を築くために、職務を離れ、「クオリティ・タイム」を過ごすことを望んでいたと説明した。

 また、計画として「メーガン妃は、出産して最初の3か月は故郷のロサンゼルスで、世間の目から離れ、ドリアさんと子育てをしたい」と望んでいて、「結局のところ、メーガン妃がメンタル面の健康上で必要不可欠なのは故郷と呼ぶ場所だと言っている」と証言。

 そして、「ヘンリー王子は当初、米国で第2子を出産することが、ロイヤルファミリーにとって問題を引き起こす可能性があることを懸念していました」と指摘。「しかし、ヘンリー王子はメーガン妃を支援し、不安やストレスを軽減するために必要なことは何でもするでしょう」と語ったと伝えている。

Hint-Pot編集部

最終更新:11/7(木) 16:24
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ