ここから本文です

池の水を抜いたら“ドンコ”を発見!【地球派宣言】

11/7(木) 14:35配信

HOME広島ホームテレビ

広島県世羅町にある「せら夢公園」。
園内にある「メダカ池」の水を抜いて池干し観察会が行われました。外来種の駆除と、共に水の中にいる生き物を捕まえて調べる事が目的です。

参加した子どもたちは、ひざまで水に浸かり、時には足が泥にはまりながらも、網を使って生き物を探していきます。

90分ほどかけて、最近ではあまりみかけなくなった、メダカやミズカマキリなどを捕獲。
里山の川でよく見かけていたドンコもいました。

今回の、目的の一つでもある外来種の捕獲。
ウシガエルは、食用として日本に持ち込まれましたが、普及せず川や池に放流され、在来種に悪影響となったことから、特定外来種に指定されました。

どんな生き物が生息しているかを知ってもらい、生き物をもっと身近に感じて、どうしたら共存できるのかを考えてくれたらうれしいですと、イベントを主催した、せら夢公園サポーターズクラブ会長の中島秀也さんは話します。

定期的に池干しをする事で、見かけることが少なくなってきたメダカやドンコを、外来種から守っていかなければいけません。

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』地球派宣言コーナー(11月6日放送)

最終更新:11/7(木) 14:35
HOME広島ホームテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事