ここから本文です

相鉄・JR直通線に乗った 海老名・大和~渋谷・新宿直通 路線図にない貨物線活用ルート

11/7(木) 16:29配信

乗りものニュース

相鉄本線とJR東海道貨物線を連絡

 まもなく開通する「相鉄・JR直通線」へ2019年11月7日(木)、ひとあし早く乗車することができました。

【地図】新線と貨物線を活用「相鉄・JR直通線」のルート

 相模鉄道(相鉄)本線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と、近くを通っているJR東海道貨物線とのあいだに、約3kmの連絡線を新たに敷設。相鉄の大和駅、海老名駅方面と、JR東日本の武蔵小杉駅、渋谷駅、新宿駅、埼京線方面を直通運転するもので、2019年11月30日(土)の開業が予定されています。

 西谷駅を発車した試乗列車は、まもなく地下トンネルへ進入しました。JR線とのあいだを結ぶ、新線区間です。

列車は新線区間、そして路線図にないJR東海道貨物線へ

 そして暗いなかを数分、距離にして2.1kmで羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)に到着しました。この直通線の開通にともない誕生する相鉄の地下駅で、ここから先の線路はJRの管轄。運転士と車掌がここで交代します。

 羽沢横浜国大駅を発車するとまもなく、列車は地上にあがり、右側にはいくつもの線路と鉄道コンテナが見えてきました。JR東海道貨物線と、その貨物駅である横浜羽沢駅(横浜市神奈川区)です。ここまでの約3km弱で新線区間は終了。列車は既設のJR東海道貨物線へ入っていきます。

 この横浜羽沢駅から先のJR東海道貨物線ですが、実はこれまで、乗車が簡単ではない区間でした。貨物列車は多いですが、旅客列車は「湘南ライナー」といったごく一部しか通らないためです。JRの駅や車内に掲示してある路線図にも、掲載なしです。

「秘密の抜け穴」のようなトンネル、その先はどこ?

 第三京浜道路の保土ヶ谷料金所付近にある横浜羽沢駅を発車すると、相鉄・JR直通線の列車はふたたび、トンネルに入ります。このトンネル(一部にシェルターで覆われた地上区間含む)を出ると、そこはどこなのか、知っている人は少ないかもしれません。

 やや長めの暗闇をこえて、再び窓外が明るくなると、現れたのは水色の帯の列車、そして京浜東北線の鶴見駅。同じ横浜市内でも異なる地域へ出る、一般の路線図に未掲載のルート、“秘密の抜け穴”を使ってワープしたような気分です。

1/2ページ

最終更新:11/7(木) 21:44
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事