ここから本文です

サブマリン・高橋礼の好投、4番・鈴木誠也の3ランで侍ジャパンが連勝。WBSCプレミア12

11/7(木) 12:29配信

J SPORTS

国際試合では下手投げにアドバンテージがある――。渡辺俊介、牧田和久が過去にワールドベースボールクラシック(WBC)で見せた活躍を振り返ればそれは定説と言っていい。

【ハイライト動画】日本 vs. プエルトリコ

日本球界でも下手投げは希少だが、アメリカ大陸では更に少ない。そういう「慣れ」の問題が大きいのだろう。今回の侍ジャパンは13投手を擁している。下手投げといえば高橋礼だ。

11月6日に桃園国際野球場で行われたWBSCプレミア12、第2戦「日本vs.プエルトリコ」では、彼が先発を務めた。

本来はロングリリーフでの起用が予定されていた高橋だが、先発候補の岸孝之がコンディション調整中。そんな事情もあり、2013年と17年のWBCで準優勝を達成している強敵へのスターターに彼が抜擢された。

◆試合結果

プエ|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
日本|0 0 4 0 0 0 0 0 X|4

◆プエルトリコ戦先発メンバー

1番(一)山田哲人(ヤクルト)
2番(二)菊池涼介(広島)
3番(左)近藤健介(日本ハム)
4番(右)鈴木誠也(広島)
5番(指)浅村栄斗(楽天)
6番(遊)坂本勇人(巨人)
7番(中)丸 佳浩(巨人)
8番(捕)甲斐拓也(ソフトバンク)
9番(三)松田宣浩(ソフトバンク)
  (投)高橋 礼(ソフトバンク)

昨日は代打起用だった山田哲人が1番打者に入り、不調の坂本勇人は6番に下がった。捕手は高橋と同じソフトバンクの甲斐拓也が入っている。

日本が4-0と快勝を遂げた立役者は、間違いなく高橋だ。彼は初回にプエルトリコ打線を三ゴロ、遊ゴロ、遊ゴロで三者凡退に打ち取ると、そのまま内野ゴロを量産し続ける。

高橋のボールは下手投げの利を生かして球筋が低く、特にアッパースイングの打者はバットの下側で叩いてしまいやすい。

188センチの長身投手でもある彼には「横の角度」がある。スタイダーとシンカーによる左右の揺さぶりに加えて、ライジングボールによる「上下の揺さぶり」も使う。

加えて下手投げは体感速度が「プラス15キロ」と言われており、130キロ台の速球が相手にとっては相当の威力に感じられたはずだ。

1/2ページ

最終更新:11/7(木) 12:29
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ