ここから本文です

井上尚弥、WBSS初優勝!ドネアを判定で下した デビューから19連勝

11/7(木) 22:20配信

スポーツ報知

◆プロボクシング世界戦 ▽ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53・5キロ以下)決勝12回戦〇WBA、IBF王者・井上尚弥(判定3―0)WBAスーパー王者ノニト・ドネア●(7日、さいたまスーパーアリーナ)

【写真】名勝負にラウンドガールも泣いた! 天野さん「心が震える試合」

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=はWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=を判定で下し、初優勝を果たした。WBA王座3度目、IBF王座初防衛に成功した井上尚の戦績は19戦全勝(16KO)、敗れたドネアは40勝(26KO)6敗。

 井上尚はデビューから19連勝で、世界戦では具志堅用高(ライトフライ級で13度防衛)と並ぶ14勝目。伝説のボクサー、ムハマド・アリの名前を冠したトロフィーを獲得した。

 初回から、まばたきも許されない両者のスピード感あふれるパンチが交錯した。井上尚は2回、ドネアの左フックで右目上を切られ、プロ初カット。流血にも、ひるむことなく5回、右ストレートを顔面にヒットさせて世界5階級王者をぐらつかせた。

 8回、井上尚はドネアのパンチをくらって再び右目上から出血。9回、右ストレートをもらい、ぐらつく場面も。だが11回、左ボディーブローでついに、レジェンドのドネアからダウンを奪う。12回を戦い抜き、歓喜の判定勝ちのコールを聞いた。

 井上尚は試合前々日に「ドネア選手と戦えるという、一番望んでいた決勝の形。憧れの選手と戦えることを誇りに持ち、世代交代を確実に成し遂げる」と話していた。体重はリミットに達しており「最大のパフォーマンスを発揮できる」と万全の状態だった。

 強烈な左フックを武器に“フィリピンの閃光(せんこう)”と呼ばれるドネアは、2007年のIBF世界フライ級王座を手始めに、主要4団体すべてで世界王座を獲得した5階級制覇王者。フェザー級から適正のバンタム級に戻り、昨年11月にWBAスーパー王座を獲得、2連続KO勝ち中だった。井上尚は「自分の中に取り入れるため、高校時代からずっと見てきた選手。僕の頭の中にはドネアが入っている」。10歳上のレジェンドと激闘。最後はお互い抱き合って健闘をたたえ合い、「井上時代」を確固たるものにした。

 ドネアも井上の強さを認めてきた。「多くのボクサーと戦ってきたが、ナオヤはその中でトップに君臨するパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通しての最強選手)。自分は世代交代を阻む壁になる」両者譲らない伝説の名勝負は、判定の末に井上尚が勝利した。

 英雄ムハマド・アリの名を冠した優勝トロフィーを手にした井上は、まさに新時代の「ザ・グレーテスト」(偉大な王者)となった。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 5:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事