ここから本文です

SNSで話題!包むだけでお弁当が映えるSeria「カラーラップ」

11/7(木) 12:20配信

magacol

子どもが同じ幼稚園に通う大田区の3人。お弁当づくりが日課なので、子どもが喜ぶ食材やお弁当がかわいく見えるグッズの情報収集は欠かせません。
SNSでも流行中の、Seriaの「カラーラップ」は、おにぎりやサンドイッチに巻くだけでかわいくなると話題になっています。

ほんのりピンク&グリーンになるのがかわいい

「できるだけ子どもが喜ぶお弁当をつくってあげたいと思うのですが、あまり時間がかけられない朝もありますよね。でも『カラーラップ』があれば、食材に巻くだけでほんのりピンクやグリーンになるので、中身が普通でもかわいく見えるんです」(友井さん)

お弁当に使えばテンションアップ! おにぎりも彩りに

白ご飯のおにぎりでも、カラーラップを巻けば彩りになります。
「我が家は双子がいるのでお弁当も2人分なのですが、ご飯の部分までなかなか手間がかけられず、どうしても白くなりがち。カラーラップのおにぎりが入っているだけでテンションが上がります! 幅が狭めで、お弁当にちょうど良いサイズなんですよね」(川端さん)

キャンディみたいなロールサンドも簡単にできちゃう

くるくる巻いたサンドイッチもカラフルなキャンディみたいになって、とってもかわいい♪
「カラーラップで巻いた後に、ペーパーワイヤーやマスキングテープで両端をとめるだけで簡単にキュートなロールサンドができちゃいます。ラップの素材が柔らかいので、包みやすいのもポイント」(石井さん)

即席ラッピングに使えるふんわりラップ

ママ友とのお茶会で余ってしまったお菓子を、即席ラッピングするのにも便利。
「マフィンなどつぶれそうなお菓子を、ふんわりラップして渡すのにいいですね。ラップ同士がくっつきにくくて扱いやすいので、子どもに手伝ってもらうこともできます。リボンでとめればプチギフト感覚で渡せて喜ばれます」(友井さん)

冷蔵庫の中がちょっと華やかに 色分け保存もOK

冷蔵庫の中を開けても、保存している食品のラップがカラフルなだけで華やかな気分に。
「お弁当用にカットした食材や残しておいたおかずを間違ってパパが食べないようにするのにも使えます。ピンクは子ども用、グリーンや透明ラップは大人用など、見ただけでわかりやすいですよね」(川端さん)

冷蔵庫にゆで卵を常備している友井さんは、「生卵と分ける目印にカラーラップを使おうかな」など、撮影しながら他にもアイデアが浮かんでいました。お弁当に、ラッピングに、実用的な色分けにと、1本あれば幅広く活躍してくれるカラーラップです。

キッチンラップ カラー 幅22cm×45m(グリーン/ピンク)各¥100(Seria)

※耐熱温度110℃、耐冷温度-40℃の電子レンジOKな食品用包装ラップですが、食品に直接触れたまま電子レンジにかけると、耐熱温度以上になりラップが溶けだす恐れがあります。食材に直接触れている場合は、電子レンジは使わないようにしましょう。


撮影/山下忠之 取材・文/富田夏子

最終更新:11/7(木) 12:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事