ここから本文です

“8頭身・JK”ファイター、高校進学よりプロの道へ 「通信制なので、制服はなんちゃってダミー(笑)」

11/7(木) 12:06配信

AbemaTIMES

 8日(金)に新宿FACEで開催される立ち技打撃格闘技RISEの女子大会『RISE GIRLS POWER』に、15歳の“8頭身JK”ファイターが出場する。第2代RISE QUEENで、RENAらと一時代を築いた元最強女子キックボクサーの神村エリカに師事するAKARIだ。

 5歳でキックボクシングを始めたというAKARIは、小学校1年生で現在所属するジム「TARGET」に入会した。当時はまだ幼かったAKARIだったが、女子ながら迫力のある神村の試合を見て「この人に教えてもらいたい」と自らの意思で神村と同じジムに飛び込んだというから驚きだ。ジムの会長であり、RISEの代表も務める伊藤隆氏とはおよそ10年の付き合いで、今ではTARGETのみならず「RISEの妹」としても可愛がられている。身長163センチですらりと伸びた手足もさることながら、顔の小ささには驚かされる。推定“8頭身”のJKファイターだ。

 今までに2度ほど「遊びたい」とジムを飛び出したとうが、いざ遊んでみると「これじゃない」とキックの面白さを再確認する結果に。ジムを飛び出すときも、戻ってくるときも、師匠の神村は「わかった」としか口にしなかった。師匠と二人三脚でトレーニングに励んだAKARIは、2018年に行われた若手の登竜門「KAMINARIMON全日本女子トーナメント」の-52kg級で優勝、さらに今年9月のプロデビュー戦では判定勝利を飾っている。
 
「練習をした分だけ、強くなる」

 TRY HARD GYMの小原ここに人生初のダウンを奪われて敗北を味わったが、負けを境に練習に取り組む姿勢が変わった。「練習をした分だけ、強くなる」という神村の言葉が、日々トレーニングに励むAKARIの心の支えだ。伊藤会長が「キックボクサーなので、手足の長さが武器になる」と話せば、神村も「強いキックとパンチを打てるのは分かっている。あとは細かい詰めの部分」と今後の成長と活躍に期待を寄せている。

1/2ページ

最終更新:11/7(木) 12:14
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事