ここから本文です

エヴァートン指揮官、右足首脱臼骨折のA・ゴメスにエール「きっと強くなって帰ってくる」

11/7(木) 20:05配信

GOAL

エヴァートン指揮官マルコ・シウバが、クラブの公式メディアを通して教え子について言及している。

22歳のFWリシャルリソンは現在、プレミアリーグにおいて“接触プレーですぐに倒れる”と批判が集中している。指揮官M・シウバはブラジル代表FWについて「改善の必要がある」と語った。

「プレミアリーグはタフなリーグであり、コンタクトプレーも多い。すぐに倒れるのではなく、やはり可能な限り倒れずにプレーを続行することが重要なんだ。ジャッジへの印象もだいぶ変わってくる。すぐに倒れるというイメージが先行すると、主審も公平に裁くことが難しくなるからね」

また、指揮官は3日のトッテナム戦で大怪我を負ったアンドレ・ゴメスについても言及。

「手術はうまくいったようだ。術後の経過も良いと聞いている。今はとにかく回復に向け、治療に専念してもらいたい」

「今はとにかく我慢の時期だ。アンドレの選手としての資質は疑いようがない。今回の負傷でメンタル的にきっと強くなって帰ってくると思う。それは間違いない」

A・ゴメスは右足首の脱臼骨折で、今季中の復帰が難しいと見られている。第11節終了時点でリーグ17位と低迷しているエヴァートン。降格圏が間近に迫る中、ポルトガル代表MFを欠いてここから巻き返しを見せることができるのか、指揮官M・シウバの手腕が試される正念場となりそうだ。

最終更新:11/7(木) 20:05
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事