ここから本文です

戸田恵梨香の弟子役に黒島結菜&息子役に伊藤健太郎 『スカーレット』新キャスト発表

11/7(木) 18:50配信

クランクイン!

 女優の戸田恵梨香が主演するNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/毎週月~土曜8時ほか)に、女優の黒島結菜と俳優の伊藤健太郎が出演することが決定した。黒島は主人公・喜美子(戸田)の弟子役を、伊藤は喜美子の息子役をそれぞれ演じる。

【写真】朝ドラ『スカーレット』で主人公・喜美子の息子を演じる伊藤健太郎


 連続テレビ小説101作目となる本作は、戦後の滋賀県を舞台に、ヒロインの喜美子が信楽焼にひかれ、女性陶芸家を目指して奮闘する姿を描く。主人公でヒロインの川原喜美子を戸田が演じ、そのほか、北村一輝、富田靖子、林遣都らが出演する。

 今回発表されたのは、後半より出演する追加キャストとなる黒島と伊藤。黒島は『マッサン』以来4年ぶりの“朝ドラ”出演で、伊藤は“朝ドラ”初出演となる。実は黒島と伊藤は、2017年に放送されたドラマ『アシガール』(NHK)で共演している間柄だ。

 黒島が演じるのは、喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする松永三津。東京の美術大学を卒業したという経歴を持ち、ものおじしない、まっすぐな性格。三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことになる。

 一方、伊藤が演じるのは、喜美子の長男・武志。工房に出入りして育ち、常に陶芸が身近にあったが、将来進む道については迷っているという役どころだ。

 黒島は「突然現れて、多くの影響を与えていく重要な役どころなので、気を引き締めてやらねばと思っています。楽しみにしていただけるとうれしいです」と語り、伊藤は「“朝ドラ”は自分の中でも目標の1つとしてありましたし、自分の中でも大きな存在である『アシガール』のチームが作る作品という事で、皆さんの期待を裏切らないようにしっかりと努めたいと思います」とコメントした。

 なお黒島は2020年1月上旬から、伊藤は2月上旬から出演予定。

 連続テレビ小説『スカーレット』は、NHK総合にて毎週月~土曜8時放送。

最終更新:11/7(木) 18:52
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事