ここから本文です

待ってました。iPhone 11のトリプルレンズに対応したShiftCam、見・参!

11/8(金) 12:30配信

ギズモード・ジャパン

どんなルックスになるかと思ってたら、そうきたかァ~…ッ!

何度かお伝えしたことがある、レンズ付きスマホケースShiftCam。今年からiPhoneもトリプルレンズになったしこれからどうなっちゃうのかなと思っていたら、ついにIndiegogoにその姿を見せてくれました。さぁ、これがiPhone 11シリーズに対応したレンズ付きケースです!

【全画像をみる】待ってました。iPhone 11のトリプルレンズに対応したShiftCam、見・参!

今までのShiftCamは、左右or上下のデュアルレンズに対して6つのレンズをスライドさせてアタッチメントしていました。が、トリプルレンズの場合は5つのレンズになり、うち超広角レンズに対しては倍率ではなく円偏光フィルターをあてるという方式に。

その効果はフレアや反射の低減。なるほど、視野角120度の超広角をもっと引くのではなく、取り込む光が増えたおかげで発生した光学的な欠点を補うアプローチ! iPhone 11 Proはナイトモードだとフレアやゴーストが出るみたいですし、日中だけでなく夜間撮影でも円偏光フィルターは威力を発揮しそうです。

円偏光フィルター以外の4つのレンズは、いつも通りのマクロ、魚眼、望遠。ここの使い勝手はもうお墨付きですね。レンズカバーもヒンジ式になり、今までのシリコンやマグネットカバーと違ってポロリすることはなくなりました。むしろこのアップデートだけでも素晴らしいと思うShiftCam古参ユーザー目線。

iPhone 11の場合は円偏光フィルターと10倍マクロ、魚眼だけのシンプル構成になります。望遠がないのは痛いけど、iPhone 11のレンズは広角+超広角ですから、レンズ的に仕方ないのかも。マクロも充分楽しいけどね、毛穴とか見れるし。

とっくに目標金額達成済みのiPhone 11シリーズ対応ShiftCamは、6,430円から出資を受付中。年内12月に発送とのことで、わりとすぐゲットできますよ~。

Source: Indiegogo

ヤマダユウス型

最終更新:11/8(金) 12:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事