ここから本文です

二階堂ふみ × 伊藤沙莉 困ったアイツがツキイチでやって来る!

11/8(金) 17:00配信

ニッポン放送

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第720回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、11月8日から公開の『生理ちゃん』を掘り起こします。

共感度No.1コミックが、まさかの実写映画化!

1ヵ月に1度、女性たちの元にやって来る生理。“第3の生理用品”として注目される月経カップや、ナプキンを必要としない生理パンツといった新たなグッズが話題となったり、月経前後のPMS(月経前症候群)をはじめとした女性のココロとカラダの関係性がメディアで取り上げられたりと、そのワードを目にする機会が、近年は増加傾向にあります。

しかし症状や置かれている環境には個人差があり、たとえ女性同士でも理解し合えない部分があるのも事実。ましてや男性からすると…。未知なる現象の極みかもしれませんね。

そんな女性の生理を擬人化し、第23回手塚治虫文化賞<短編賞>を受賞した、小山健による大ヒットコミックが、まさかの実写映画となりました。

女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く米田青子。クリスマスイブのこの日も、締め切りに追われ、慌ただしく働いていた。急な仕事が舞い込み、廊下を歩きながら彼氏の久保にデートのキャンセル電話をしていると…。そこに現れたのは、ピンクの物体。生理ちゃんだ。

一方、人生を半ば諦めた山本りほは、青子が働く編集部で清掃のアルバイトをしながら、SNSで毒のある投稿を続けていた。そんな彼女の元にも、生理ちゃんは容赦なくやって来て…。

女性たちと生理の関係性をコミカルに描いた本作で異彩を放つのが、やはり生理ちゃんなるキャラクター。ピンクのボディに真っ赤なリップという強烈なビジュアルで「来ちゃった」と呟く姿は、シュールそのもの。しかしストーリーを追ううちに、この生理ちゃんの存在が実写の世界に次第に馴染んで行き、不思議と可愛らしく見えて来るのです。

人によって生理ちゃんのサイズが違ったり、ムカつく相手には“生理パンチ”をお見舞いしたり…という描写も、女性ならば共感を覚えることでしょう。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 17:58
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事