ここから本文です

「パパが撃った」4歳の長男が証言 1歳の三男に“エアガン” 父親は妻にもDVか 福岡県田川市

11/8(金) 19:45配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

当時1歳の三男をエアガンで数十発撃ってけがをさせた疑いで、福岡県田川市の両親が逮捕された事件。

保護された4歳の長男が、「パパが撃った」と話していることがわかりました。

【記者】
「午前8時前です。常慶容疑者の身柄が検察庁に送られます」

傷害の疑いで逮捕され、8日に送検された田川市の自営業・常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)。

2人は2018年11月の下旬、当時1歳だった三男の唯雅ちゃんの全身をエアガンで数十発撃ち、3週間のけがをさせた疑いが持たれています。

唯雅ちゃんは翌12月の1日に肺炎による死亡が確認されました。

これまでの調べに対し、常慶容疑者は「エアガンは自分の趣味」としつつ、「長男が撃ったのではないか」と容疑を否認。

しかし、事件当時同居していた4歳の長男はこう話しているといいます。

「パパが撃った」

事件後に保護された長男が「パパが撃った」と話していることが、その後の取材で新たにわかりました。

「かわいすぎて罪!ずっとこんまんまでおってほしい~」

これは藍容疑者が以前投稿したツイッター。

我が子への愛をつづっていました。一

方で、唯雅ちゃんの出産前には、こんな投稿も。

「ちなみに次も男の子ぱぱ(常慶容疑者)、女の子がよかったらしくショックうけてた(笑)」

【藍容疑者を知る女性】
「藍自体の体には傷はあった」

「(暴行したのは)旦那(雅則容疑者)だと思う」

「顔とか踏まれるし、髪の毛引っ張るし、止めるしかないみたいな」

こう話すのは藍容疑者をよく知る女性。

藍容疑者はこの女性に、自身や子どもに対する常慶容疑者からのDV被害を訴えていたといいます。

【藍容疑者を知る女性】
「(旦那が)最近子供を叩くようになったみたいな。子供自体の傷をみて子供に聞いたら「パパがした」というのは聞いたことがある」

捜査関係者によりますと、唯雅ちゃんは生後1カ月の定期健診以降、肺炎で死亡する前に1度も病院で診察を受けていませんでした。

唯雅ちゃんの死亡時の体重は平均より下回っていたいうことで、警察は、常慶容疑者らによるネグレクト=育児放棄がなかったかも視野に、慎重に調べを進めています。

テレビ西日本

最終更新:11/8(金) 19:45
TNCテレビ西日本

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事