ここから本文です

予想外の双子育児「4歳までは先見えず」、父親向けの情報探し求めた 手探りで得た経験を「双子本」作りに

11/10(日) 7:02配信

withnews

【#父親のモヤモヤ】
双子の子育ては分からないことだらけ。しかも、母親向けの情報に比べ、父親向けの情報が足りない――。若い人の就労支援をする認定NPO法人「育て上げネット」理事長で、4歳の双子を育てる工藤啓さん(42)は、そう感じました。双子育児で困ったことは? 父親がほしかった情報とは?(朝日新聞記者・金澤ひかり)

【マンガ】「イクメン」がいなくなった未来、会社はこう変われる… 幼い頃見た、両親のかっこよさ

予想外の双子に戸惑い

工藤さん夫妻は現在、8歳、6歳、4歳(双子)の4人兄弟の子育て中です。

双子が生まれる前から、工藤家では「育児は2人でするもの」という認識が家庭内で共有できていたといいます。自身でNPO法人を運営し、妻も同じ法人内で働いており、仕事もある程度融通が利きやすいという事情もありました。

テレワークで働けるように工夫していたり、飲み会もオンラインで参加する「スカイプ飲み会」が定着していたり――。「子育てするキャラ、というキャラ作りが周りに定着していたのも助かった」と話します。

2014年、2人の男の子の子育て中、妻の妊娠がわかりました。

3番目は男の子かな? 女の子かな? と楽しみにする中、医師から告げられたのは「双子です」――。工藤さんは「双子は予想外だった」と戸惑ったそうです。

父親向けの情報、探し求めた

双子育児については、知らないことがたくさんありました。

双子の妊娠は、切迫早産の可能性が高まるなどするため、予定日の前から入院生活を送る「管理入院」が必要な場合が多いといいます。

工藤家では、妻が入院した場合、出産までの間、家には上の兄弟と父親が残されます。実際、双子出産までの2カ月間、妻が入院しました。長男と次男、父親の3人での生活は、妹家族の助けもあり、それほど困ることはなかったといいますが、「これから双子を迎える家庭にとっては、双子の出産前には管理入院が必要な場合が多いということを事前に知っておくだけで、何か準備を始められる家庭もあるのでは」と話します。

ほかにも、お風呂はどうすれば? 自転車の安全、2人同時にどう確保する? など疑問は尽きませんでした。

さらに、「『そのとき父はどうする、どうしてほしい』という情報が弱かったんですよね」と工藤さん。初めてのことはまず先人から学べと、Amazonで双子に関する書籍がないか調べ、数冊購入しました。しかし、どうもしっくり来ませんでした。母親向けの情報がほとんどを占めていたと言います。

「授乳一つとっても、母親が母乳をあげるときにはなんとか二人を抱えて一緒に授乳できるけど、父親は哺乳瓶を持ち、赤ちゃんを支えるだけで二つの手がふさがってしまう。二人同時にミルクを欲しがったらどうすれば良いの?」など、知りたいことはどんどん出てきたといいます。

書籍以外にも、父親が書いているブログをネットで探したりもしましたが、なかなか見つからなかったといいます。「男性は、女性に比べて不安を発信することがあまりないのかもしれません」と工藤さん。

「いまでこそ、仕事などのつながりで出来た双子パパ友が4人いますが、最初は本当に情報が共有できませんでした」

1/3ページ

最終更新:11/10(日) 7:02
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事