ここから本文です

<相葉雅紀>フジテレビ「2019FNS歌謡祭」の総合司会に パートナーは永島優美アナ

11/8(金) 12:10配信

MANTANWEB

 人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんが、12月4、11日放送のフジテレビ系の音楽特番「2019FNS歌謡祭」で総合司会を務めることが11月8日、明らかになった。同局の永島優美アナウンサーと共に番組を盛り上げる。相葉さんが音楽番組の司会をグループでなく単独で務めるのは、「第67回NHK紅白歌合戦」(2016年放送)で白組司会を務めて以来、3年ぶり2度目。「FNS歌謡祭」の総合司会を務めるのは今回が初めて。

【写真特集】嵐5人の爽やか笑顔!

 相葉さんは、「このたび、思い入れのある『FNS歌謡祭』の令和初、そして45周年という節目のタイミングで、司会を務めさせていただくことになり、本当に光栄に思っています」とコメントしている。

 番組は、1974年7月2日にスタートした大型音楽番組。当初は音楽賞の形式を取っていたが、1991年からは、その年を象徴するアーティストが一堂に会し、楽曲を披露するという形式になった。2005年からは、数々の出演アーティストによるコラボレーションをメーン企画として放送している。

 「2019FNS歌謡祭」は、12月4日の午後6時半~同11時28分、11日の午後7時~同11時28分に放送。45年の歴史の中で最長となる2日間で計約9時間半の生放送となる。「嵐」のメンバーが、同番組の総合司会を務めるのは初めて。永島アナが同番組の総合司会を務めるのも初めてとなる。

 相葉さん、永島アナ、三浦淳プロデューサーのコメントは以下の通り。

 ◇相葉雅紀さんのコメント

 デビュー当時、「A・RA・SHI」をトップバッターで歌わせていただいた初めての「FNS歌謡祭」は、大人の雰囲気が漂いとても緊張したことを、毎年出演させていただくたびに思い出します。このたび、そんな思い入れのある「FNS歌謡祭」の令和初、そして45周年という節目のタイミングで、司会を務めさせていただくことになり、本当に光栄に思っています。

 格式高く伝統のある高貴な番組のイメージを大切にしつつ、ご出演されるアーティストの皆さんや、幅広い世代の皆さんにテレビの前で楽しんでいただけるよう、永島アナと共に精いっぱい頑張りたいと思います。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 11:54
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事