ここから本文です

イメージ構築で成功?「素早く決済ができるから」という理由でPayPayが人気1位に【ナイル調べ】

11/8(金) 8:01配信

Web担当者Forum

ナイルは、同社が運営するスマホアプリ紹介サービス「Appliv」(アプリヴ)にて、キャッシュレス決済の利用実態に関する調査結果を発表した。20歳~60歳以上の男女1,075人から回答を得ている。

 

意外?「どのキャッシュレス決済も利用したことがない」年代は20代がトップ

まず「ふだんの支払い方法」を聞くと、「現金」48.4%がトップで、次いで「クレジットカード」34.0%、以下かなり離れて「カード型電子マネー(nanaco・楽天Edyなど)」6.0%、「QRコード・バーコード型スマホ決済(コード型スマホ決済)」4.9%が続いた。性別で見ると、「カード型電子マネー」「コード型スマホ決済」は男性の利用率が7割前後と、女性とかなり差が出た。年代別では高齢者層ほど「クレジットカード」が高くなる。

続いて「増税を機にキャッシュレス決済を利用しはじめたかどうか」を聞くと、64.9%は「以前から利用している」としており、「利用しはじめた」と回答したのは14.7%。「利用しはじめたもののすでに使わなくなった」3.5%という人もいた。さらに「どのキャッシュレス決済も利用したことがない」16.9%という層も存在する。

年代別でみると、増税を機にキャッシュレス決済を利用しはじめた人が20代に特に多い一方で、キャッシュレス決済を利用したことがないのも、20代が最多だ。「どのキャッシュレス決済も利用したことがない」21.5%は、60歳以上の18.4%を超えている。

なお何らかのキャッシュレス決済を利用したことがある893人を対象に、「利用したことがあるスマホ決済」を聞くと、「PayPay」37.6%、「楽天ペイ」24.2%、「LINE Pay」23.0%が多かった。

 

増税前と増税後、キャッシュレス決済の利用頻度が微増

「増税前と増税後のキャッシュレス決済の利用頻度」について、「以前からキャッシュレス決済を利用している」と回答した698人に聞いた。急激な変化はないが、「月数回」だった人が減る一方で、「週1回」「週4~5回」「ほぼ毎日」という回答が伸び、確実に増加したことが伺える。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 8:01
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事