ここから本文です

豚汁、温野菜振る舞う 保原美容組合 梁川の避難所

11/8(金) 9:54配信

福島民報

 伊達市の保原美容組合は六日夜、台風19号被災者の避難所となっている市内梁川町の梁川寿健康センターで野菜たっぷりの豚汁や温野菜を提供した。

 食事での野菜不足の声を聞き、夕食時間に合わせて取り組んだ。

 佐藤幸組合長が「伊達市は一つ。みんなで頑張りましょう」とあいさつし、ブロッコリーやキャベツ、ニンジン、ジャガイモなどの温野菜と、具だくさんの豚汁を振る舞った。

 仕事や家の後片付けから戻った避難者や避難所で過ごすお年寄りらは「最高のごちそうです」「熱々でおいしい」などと組合員に感謝していた。

 梁川寿健康センターは市内唯一の避難所で、市によると五十九世帯百四十人(六日現在)が避難している。

最終更新:11/8(金) 9:54
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ