ここから本文です

WGPのレジェンド、ウェイン・レイニーが鈴鹿に帰ってくる! サウンド・オブ・エンジンで26年ぶりに走行

11/8(金) 20:06配信

motorsport.com 日本版

 11月16日(土)、17日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「SUZUKA Sound of ENGINE 2019」に、ロードレース世界選手権(WGP)で3度のチャンピオンに輝いたウェイン・レイニーが来場し、走行を行うことが決定した。

【写真】ライバルのシュワンツと健闘を称え合うレイニー:1993年スペインGP

 レイニーは1984年に250ccクラスでWGPデビューを果たすと、1988年から最高峰クラスの500ccクラスに転向。安定感のある走りで早くから頭角を現すと、1990年から3年連続でチャンピオンを獲得するなど、ヤマハの絶対的なエースとして活躍した。

 1993年は4連覇を目指してスズキのケビン・シュワンツと激しい争いを繰り広げていたが、第12戦イタリアGPの決勝レース中に転倒し、頚椎を損傷。半身不随となったことで、選手生命を断たれてしまった。

 今回のサウンド・オブ・エンジンでは、そんなレイニーが26年ぶりに鈴鹿サーキットを駆け抜ける。16日は15時25分から、17日は14時35分からそれぞれ25分間の走行を行う予定となっている。

 そして17日には、レイニーと同じく半身不随となった元WGPライダー、青木拓磨も登場して走行する。なお、ふたりが使用するのは市販車両とのことだ。

 今年はレイニーの他にも、エディ・ローソンやケニー・ロバーツといった往年の名ライダーが来場する。レジェンドライダー達が駆け抜けた時代の記憶が蘇ってくることだろう。

最終更新:11/8(金) 20:06
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事