ここから本文です

IPライセンスを拡大、7nmプロセスのTCAMやEthernet TSNなどを追加

11/8(金) 8:10配信

MONOist

 ルネサス エレクトロニクスは2019年10月24日、半導体の設計情報であるIP(Intellectual Property)の販売を拡大すると発表した。最新のプロセスを採用したメモリIPやインタフェースIPなどを提供する。

開発支援のため、パートナー企業を紹介

 同社は第1弾として、2018年9月より「RX」「SH」などのCPUコア、モーター用タイマーIP、USBコアなど40種類以上のIPライセンスを提供している。

 今回は、7nmのSRAM(Static Random Access Memory)やTCAM(Ternary Content Addressable Memory)など先端プロセスのIPや、Ethernet TSNなど先進規格のIPなどの提供を開始する。

 また、ユーザーのシステム開発を支援するため、コンサルティングや半導体の受託設計、ツール提供など、ユーザーのニーズに対応できるパートナー企業の紹介も開始する。これにより初心者のユーザーは、カスタム半導体開発やFPGA開発に対するハードルが下がる。上級者のユーザーには、先進のIP情報を生かしたモデルベース設計開発環境を紹介するなど、ユーザーの技術革新と製品開発の加速をサポートする。

 今後は、AI(人工知能)アクセラレーターとして注目が集まるPIM(Processing-in-Memory)を含めたシステムIPの提供を予定している。半導体メーカーなどは、5Gのネットワーク用ASIC(セミカスタムIC)や次世代のAIチップなどの早期開発、競争力のあるIPへの資源集中ができるとしている。

MONOist

最終更新:11/8(金) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事