ここから本文です

阪神・高橋遥人 マサチェンジで梅ちゃん斬り!手応えバッチリ24歳バースデー

11/8(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神秋季キャンプ」(7日、安芸)

 阪神の高橋遥人投手(24)が、今キャンプ初めてシート打撃に登板。臨時コーチを務める山本昌氏からも指導を受ける新球チェンジアップで梅野から空振りを奪うなど、「最初にしてはよかった」と確かな手応えを口にした。広島・鈴木、ヤクルト・バレンティンら、苦手にした右の強打者を封じるべく、決め球の精度を上げていく。

 「四球は出しちゃいましたが、しっかり投げられました」。充実の表情で振り返る。「5、6球試した」と言う新球。無死一塁の想定で打者・梅野と対した。初球からチェンジアップを続け、2球目に空振りを奪った。外を意識させ1-1から3球目、内角の直球で遊ゴロ併殺に抑えた。

 「ああいうふうに組み立てられるようにしたい」。ほぼ1年間ローテを守ったが、19試合の登板で3勝9敗。バレンティンに被打率・500、鈴木に同・455、山田哲(ヤクルト)に同・417など、右の強打者を課題にした。「そういう人に使いたいと思っています」。新球で相手チームの主砲を封じ、勝敗の数を反対にしたい。

 福原投手コーチも太鼓判を押す。「変化もいい。幅が広がる」。高橋遥はこの日、24歳の誕生日を迎えた。「早い段階で投げられてよかった。直球とチェンジアップ、両方の精度を上げていきたいです」。収穫の一日となった“バースデー登板”。3年目の進化を誓い、鍛錬を続けていく。

最終更新:11/9(土) 8:26
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事