ここから本文です

米大統領側近が「うそのキャンペーン」=国務省幹部証言―ウクライナ疑惑

11/8(金) 10:21配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領のウクライナ疑惑の弾劾調査で、下院委員会は7日、ケント国務副次官補が10月15日に非公開で行った証言を公表した。

 それによるとケント氏は、トランプ氏側近のジュリアーニ弁護士がヨバノビッチ前駐ウクライナ大使を解任するため「うそのキャンペーン」を展開したと非難。ジュリアーニ氏の動きに強い懸念を抱いていたことを明らかにした。

 ジュリアーニ氏は、ウクライナにバイデン前副大統領のスキャンダル調査を求める工作の障害になっていたヨバノビッチ氏を繰り返し中傷。同氏は5月に任期を残して帰国を命じられた。ケント氏は「ジュリアーニ氏は数カ月にわたって、うそに満ちた情報を流し続けた。彼の主張は根拠を欠き、真実ではない」と語った。 

最終更新:11/8(金) 18:09
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ