ここから本文です

井上尚弥 京口の誘いで超高額時計モンスター買い 最強へのモチベーション

11/8(金) 10:00配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

【写真】尚弥、ドネア戦に著名人、続々

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBAスーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を3-0の判定で下し優勝した。WBC世界バンタム級王座統一戦は、尚弥の弟である暫定王者の井上拓真(23)=大橋=が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に0-3の判定で敗れた。

  ◇  ◇

 尚弥はWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)と親交がある。9月には京口が約300万円の高級腕時計を購入した際に付き合い、「買うでしょ?」という京口の誘いに乗って、その場で自身も130万円の高級腕時計を購入してしまう“モンスター”ぶりを発揮した。

 尚弥は「付き合いで買う金額じゃないでしょ。300万円の後だと130万円か、と思いますけど、いきなりですから」と苦笑する。購入前には時計の写真を夫人に送って判断を仰ぎ、「ダメ」と返答されたものの購入を強行。結局、夫人からのおとがめはなかった。

 この話には驚くべき続編がある。後日、尚弥から京口にLINEで、「モチベーションを上げるために買ったよ」とのメッセージとともに、450万円の時計の写真が送られてきたという。調整中は常々「いつも通り」と強調し、闘志を表に出さない尚弥だが、やはり、この試合へのモチベーションは特別だったようだ。

 無事にWBSS優勝を果たし、先に2度目の防衛に成功した京口と年末に祝勝会を行う約束をしている。「楽しみ?そうでもない」と冗談を言いつつも、勝利の喜びを分かち合う時間を「世界で戦っている人同士じゃないと分からないこともあるので」と心待ちにしていた。(デイリースポーツ・ボクシング担当・洪経人)

最終更新:11/8(金) 10:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事