ここから本文です

首相「世界で最も多くの時間、質疑に応じている」参院予算委、野党に反論

11/8(金) 18:02配信

毎日新聞

 「世界で最も圧倒的に多くの時間を国会で質疑に応じている」。8日の参院予算委員会集中審議で、安倍晋三首相が気色ばむ一幕があった。

【安倍政権】辞任した閣僚(※肩書は当時)

 立憲民主党の福山哲郎幹事長が「国政の重要課題をやりましょう。首相が出てこないから(議論ができない)じゃないですか」と述べ、首相出席の予算委員会を増やすよう要求。これに対し、首相は「G7(主要7カ国)の国の首脳は、だいたい1年間に40時間ぐらい質疑をしているが、私は1年間で200時間を超えて国会に出てきて質疑に応じている」と反論した。さらに、この日の審議がテレビ中継されていることを念頭に「まるで私がほとんど国会に出てきていないかのごとく議論されるが、それは違うということを国民に示したい」と強調した。【竹内望】

最終更新:11/8(金) 18:02
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事