ここから本文です

JR東日本が駅ビルやエキナカの電子マネー対応を強化 2020年春以降に「iD」や「QUICPay+」など5種類に対応

11/8(金) 16:20配信

ITmedia Mobile

 東日本旅客鉄道は(JR東日本)は2020年春以降、子会社であるビューカードやJR東日本メカトロニクスと連携し、駅ビルや駅構内の店舗における電子マネー対応を強化する。店舗に設置するICカードリーダライタ(R/W)を複数の電子マネーに対応するものに置き換え、同社の「Suica」を始めとする交通系電子マネー(※)以外にも門戸を広げる。

【複数の電子マネーに対応するリーダライタを導入】

※ スルッとKANSAIが発行する「PiTaPa(ピタパ)」を除く

新たに対応する電子マネー

 今回の取り組みで利用可能になる電子マネーは以下の通り。いずれも、FeliCaを利用した非接触決済サービスだ。

・iD(NTTドコモ)
・QUICPay/QUICPay+(ジェーシービー)
・nanaco(セブン・カードサービス)
・楽天Edy
・WAON(イオンリテール)

導入予定のグループ企業

 新しいR/Wは、11月12日から順次設置を進める。2020年夏までに以下のJR東日本グループ企業が運営する駅ビルやエキナカ(駅構内のショッピングサイト)で、複数の電子マネーに対応する予定だ。

・JR東京西駅ビル開発(セレオ)
・秋田ステーションビル(アルス、トピコ)
・横浜ステーションビル(CIAL)
・錦糸町ステーションビル(テルミナ)
・鉄道会館(グランスタなど)

 JR東日本では、上記以外のグループ企業が運営する駅ビルやエキナカなどについても、対応電子マネーの拡充を検討しているという。

ITmedia Mobile

最終更新:11/8(金) 16:22
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事