ここから本文です

板尾創路 後輩・友近に「ベテラン臭がすごい」…苦笑いで「扱いにくい」

11/8(金) 14:40配信

デイリースポーツ

 タレントで俳優の板尾創路(56)が8日、都内で行われた愛媛県松山市の道後REBORNプロジェクト・オリジナルアニメーション「火の鳥“道後温泉編”」第2弾製作発表会に出席。ビデオコメントを寄せた愛媛出身の友近へ「ベテラン臭がすごい」とツッコんだ。

 同プロジェクトは、道後温泉本館が24年末まで、重要文化財の公衆浴場として全国で初めて、営業しながら保存修理を行っていくことから、工事中も入浴が楽しめることをPRするために行うもの。手塚治虫氏の大ヒット漫画「火の鳥」とコラボし、オリジナルアニメを公開していく。板尾はこのアニメの3話に一遍上人役で出演予定だ。

 来年2月に公開予定の2話にはマドンナ役として、愛媛出身の友近が声で出演。この日は来場しなかったが、ビデオコメントを寄せた。

 友近は「道後は祖母が住んでいて、(自分も)半分住んでいたみたいな町。家の風呂に入るように道後温泉に行っていたし、祖母も勤めていた。ガッツリ故郷みたいなもんです」と道後愛を炸裂させ、板尾に向けても「出演してくださるとのことでありがとうございます。板尾さんも道後が好きやという情報、入っております。泉質はもちろん、町並み、飲み屋も山も海も近い。もっと周りに広めてください」と呼びかけた。

 このビデオコメントの感想を求められた板尾は「最近、ベテラン臭がすごい」と苦笑。「(友近が)後輩なんですけど、先輩からメッセージもらったみたい」と訴え「ご出身なので(マドンナ役は)ピッタリでは」と後輩を持ち上げた。

 司会者から友近と一緒に道後温泉に、と言われるも「一緒には…行きたくないかな。扱いにくい、どう接していいか」と思わず本音がもれ、松山市の野志克仁市長も失笑していた。

最終更新:11/9(土) 10:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事