ここから本文です

メルカリの株価、一時ストップ安 赤字幅が拡大、警戒広がる

11/8(金) 16:42配信

ねとらぼ

 2019年11月8日の株式市場で、メルカリ(東証マザーズ)が急落。一時はストップ安(値幅制限の下限)まで売り込まれ、終値でも前日比478円安の2057円と、約19%の大幅下落になりました。値下がり率は全市場で1位でした。

【メルカリの株価推移】

 前日に発表した2020年6月期第1四半期(7~9月)の連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が70億円の赤字、最終損益も71億円の赤字に。赤字幅は前年同期から悪化しています。

 フリマアプリ「メルカリ」が堅調なこともあり、売上高(約146億円)は前年同期比で4割近く増収だったものの、スマートフォン決済「メルペイ」の広告宣伝費がかさんだことなどが赤字拡大の要因です。メルカリは赤字は計画通りのものであり、危機的な状況ではないと強調しています。

 活発な投資の結果、メルペイのユーザー数は10月16日時点で500万人にまで拡大しています。ただ、ソフトバンクとヤフーの「PayPay」の登録ユーザー数は11月時点で1900万人と独走状態。メルペイへの多額の投資が今後しっかりと実を結ぶのかどうか、気になるところです。

 2018年6月に新規上場(IPO)を果たしたメルカリですが、最近は公開価格の3000円を下回る水準で推移しています。8日終値ベースの株式時価総額は約3146億円です。

ねとらぼ

最終更新:11/8(金) 16:42
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ