ここから本文です

ミクシィの上半期、最終利益83%減 モンストの苦戦続く 木村社長は「V字回復狙う」と強調

11/8(金) 19:33配信

ITmedia NEWS

 ミクシィが11月8日に発表した2019年4~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比34.1%減の468億3500万円、営業利益が80.5%減の40億3500万円、最終利益が83.0%減の21億9200万円と減収減益だった。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」(モンスト)のARPU(ユーザー1人当たりの平均売上高)低下が響いた。

【ミクシィの2019年4~9月期の連結決算】

モンストのMAUは復調

 セグメント別では、モンストなどのゲーム運営やプロスポーツチームの経営を含む「エンターテインメント事業」の売上高は前年同期比33.7%減の451億3800万円、営業利益は61.7%減の97億2400万円だった。

 モンストでは、7月からゲーム内通貨「オーブ」の無償配布や、他社IPとコラボしたキャラクターを輩出する「ガチャ」などを相次いで実施したが、ARPUは低下した。だがミクシィの木村弘毅社長は「休眠ユーザーを呼び戻し、MAU(月間アクティブユーザー数)は大幅に復調した。10~20代のユーザーも開拓できた」と強調した。

 MAUの数値や推移は非開示だが、8月に「モンストよ、俺たちの声を聞け!」と題し、Twitterに不満を投稿したユーザーに賞品が当たるキャンペーンを打ったことなどが活性化につながったという。木村社長は「自虐的な面もあったが、『モンストの運営はユーザーの声を聞いてくれるんだ』と感じてもらえたのでは」と語った。

 減収が続くモンストの復調に向け、ミクシィは上半期中にモンスト事業の体制を変更。16年ごろに3周年イベントを成功させ、事業を立て直したマーケティング担当者(当時)をモンスト全体の責任者に据えた。「俺たちの声を聞け!」キャンペーンなどを主導したのもこの人物だという。

ライフスタイル事業も苦戦、ジムは閉店決定

 SNS「mixi」、写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」、トレーニングジム運営などの「ライフスタイル事業」の売上高は前年同期比43.4%減の16億9700万円、営業損益は4億3900万円の赤字(8億1500万円の赤字)だった。

 減収となった要因は、結婚支援事業を手掛けるDiverseを、同業のIBJに18年7月に譲渡した影響という。ミクシィはトレーニングジム運営をライフスタイル事業の注力分野に位置付け、東京都世田谷区に女性専用ジム「ココサイズ」を出店していたが、顧客獲得に苦戦。11月末での閉店が決定した。

1/2ページ

最終更新:11/8(金) 21:33
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ