ここから本文です

民家に男性遺体、傷30カ所=強盗殺人で捜査本部―警視庁

11/8(金) 16:26配信

時事通信

 8日午後1時20分ごろ、東京都東久留米市下里の民家で、「玄関付近の窓ガラスが割れている」と110番があった。

 警視庁田無署員が室内を確認したところ、2階寝室のベッドに住人の会社員二岡一浩さん(55)があおむけに倒れているのが見つかった。二岡さんの首や胸には刃物で刺されたり切られたりしたような傷が30カ所以上あるといい、現場で死亡が確認された。

 1階居間などに荒らされた形跡があり、同庁捜査1課は強盗殺人事件として田無署に捜査本部を設置した。検視の結果から、死因は臓器損傷による失血死とみられる。

 同課によると、二岡さんは内縁関係にある女性とその長女との3人暮らし。女性らは2日から海外旅行に出掛けていたという。 

最終更新:11/8(金) 22:11
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ