ここから本文です

男性教諭が公務災害を申請=東須磨小教員間いじめ問題で

11/8(金) 16:47配信

時事通信

 神戸市立東須磨小学校で起きた教員間のいじめ問題で、うつ病を発症するなどして休職している20代の被害男性教諭が、市教育委員会に公務災害の認定を求める書類を提出したことが8日、市教委への取材で分かった。

 
 男性教諭の代理人弁護士が同日午前、診断書などの書類を提出した。市教委は今後、男性の出勤記録など学校側の書類と合わせ、地方公務員災害補償基金神戸市支部に提出する。

 代理人弁護士によると、男性教諭は支払い済みと今後の医療費の給付を求めているという。 

最終更新:11/8(金) 17:42
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事