ここから本文です

ボールは韓国側―茂木外相 元徴用工訴訟問題

11/8(金) 19:28配信

共同通信

 茂木敏充外相は8日の記者会見で、元徴用工訴訟問題について「国際法違反の状態の是正を強く求める立場に変わりはない。まさにボールは韓国政府にある」と述べた。

 日韓両国の企業や個人の自主的な寄付を賠償に充てる案なら違法性は解消されるかとの質問には「(韓国政府から)具体的な案が来た時点で判断するが、国際法違反の状態を是正するような提案があったら十分耳を傾けたい」と語った。韓国国会の文喜相議長は、日韓から寄付を募る案を示している。

 日本政府は、1965年の日韓請求権協定で問題は解決済みとの立場で、日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決を「国際法違反」としている。

最終更新:11/8(金) 19:28
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事