ここから本文です

【巨人】ゲレーロ退団決定は数日前「費用対効果が」新外国人にシフトチェンジ

11/8(金) 21:03配信

スポーツ報知

 巨人の大塚球団副代表兼編成担当が8日、今季限りで退団が決まったアレックス・ゲレーロ外野手(32)について言及した。

 「今年の後半、ライトの方にも打ち始めた。守備も一生懸命やって明るくて、チームにとけ込んでいるので、来季も必要かなと監督とはずっと話していた。ただ、費用対効果、年俸が高いので、そのへんですよね。新しい外国人にいこうと」

 ビヤヌエバが早い段階で退団濃厚となる中、ゲレーロについては流動的という状況が続いていた。全権監督の原監督と球団が慎重に検討した結果、新たな外国人を探すことになった。

 大塚副代表は新外国人について「最低3人は」と投手野手計3人の獲得を目指す方針を示し、打者に関しては「左の大砲は去年からずっと調査してました。ただ、大砲は日本に来るとコンタクト(率)が下がる。それ(パワー)ばかりというのも…。多少、長打力は落ちてもコンタクト率の高いバッターの方が。そういうバッターを当たってます」とした。

最終更新:11/8(金) 22:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事