ここから本文です

日本女子が7大会連続の4強…かすみう→美誠→佳純で2大会連続決勝に王手

11/8(金) 21:35配信

スポーツ報知

◆JA全農 ITTF 卓球W杯団体戦2019TOKYO(8日・東京体育館)

 女子で世界チームランク2位の日本は、準々決勝で同8位のルーマニアを3―0で下し、7大会連続の4強入りを決めた。

 第1試合で石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)の“かすみう”ペアが、第1ゲームを7―11で落とす嫌な流れを押し戻し、3―1で先取。第2試合も、世界ランク7位の伊藤美誠(スターツ)が同18位のスッチを3―0で退けた。第3試合は世界ランク8位の石川が、同136位のモンテイロドデアンを接戦の末、3―2で下した。

 日本は1次リーグからの3試合で、9戦全勝。下馬評通りの力を見せ、順当に準決勝に進んだ。9連覇を目指す中国とは、決勝まで当たらない組み合わせ。9日の準決勝で、まずは2大会連続のファイナル進出を目指す。

最終更新:11/9(土) 23:32
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事