ここから本文です

東京五輪チケット第2次抽選販売 ボクシングのB席は枡席です/東京五輪

11/8(金) 14:00配信

サンケイスポーツ

 13日に受け付けが開始される2020年東京五輪チケットの第2次抽選販売申し込み。今回の目玉は、1次抽選の際に販売されなかったボクシングだ。

 ボクシングは国際競技連盟の資格停止により、一時は東京五輪での競技からの除外も検討され、1次抽選の際にはチケット販売が凍結されていた。その後、国際オリンピック委員会(IOC)の作業部会の意見が承認されて開催方式などが決まった。

 両国国技館で男子8、女子5階級が実施され、チケットは予選、準々決勝、準決勝、決勝の4ステージが販売される。席種はA~D席と車いす/関係者席の5種類。価格は決勝ならA席4万5000円、B席3万6000円、C席1万7500円、D席と車いす席は8000円となっている。

 このうちB席は、大相撲の桝席。相撲の際は4人1桝だが、五輪では1桝を2人分として販売する。他の競技で国技館を利用する際には桝に椅子を置くこともあるが、五輪では座布団で対応するという。

 組織委の鈴木秀紀マーケティング局次長は「海外から来る人を想定してスペースを考えた際、2人で使う方がよいと判断した」と説明。外国からの観戦客は、エキゾチックな相撲観戦の気分をほんの少し味わえるかもしれない。ただ鈴木局次長は「2人ずつ(の申し込み)を管理するのはシステム上難しく、2人連れで隣同士でも桝は別ということはあり得る」とした。

最終更新:11/8(金) 14:49
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事