ここから本文です

マラソン競歩札幌開催の費用負担 札幌市長「市民の不安解消につながる」

11/8(金) 21:39配信

産経新聞

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催をめぐり、大会組織委員会が8日、札幌市や北海道の費用負担を道路補修や沿道の救急救護、暑さ対策など通常の行政サービスに必要な行政経費としたことについて、札幌市の秋元克広市長は同日、「多くの市民が抱いていた不安の解消につながる」とコメントした。

 札幌市内で同日開かれた組織委と市、道による実務者連絡会議の初会合で、組織委は運営上必要な大会経費を組織委と国際オリンピック委員会(IOC)で負担する基本方針を示した。市や道の負担を通常の行政サービスの範囲とした。

最終更新:11/8(金) 21:39
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事