ここから本文です

11月中旬から 秋一気に深まる

11/8(金) 17:21配信

tenki.jp

今月14日(木)頃からは、これまでよりも一段強い寒気が南下してくる見通しです。秋が一気に深まり、本格的な寒さ対策が必要になりそうです。

山では冬到来

暦の上では冬がスタートしたきょう8日(金)。北日本では暦にあわせるようにこの時期にしては強い寒気が流れ込みました。午後3時の積雪は北海道幌加内町朱鞠内で29センチ。冬に豪雪地帯となる青森県酸ヶ湯では2センチを観測しました。

グッと寒く

14日(木)から15日(金)にかけて、前線を伴った低気圧が発達しながら本州付近を通過したあと、冬によく現れる西高東低の気圧配置になる見込みです。これまでよりも、もう一段強い寒気が次第に西日本から流れ込んでくるでしょう。
15日の天気は日本海側は雲が広がりやすく、雨の降る所が多い見込みです。札幌など北海道の日本海側では雪が降ったりやんだりでしょう。太平洋側は広く晴れる見込みです。
最高気温は札幌で6度と、平年に比べると2度~3度くらい低いでしょう。福岡は15度と、こちらも平年より3度くらい低い予想です。
14日から15日にかけては全国的に冷たい北寄りの風が強まって、一層寒く感じられるでしょう。秋が一気に深まり、本格的な寒さ対策が必要になりそうです。これまで比較的過ごしやすい日が多かっただけに、グッと寒く感じられるでしょう。そろそろインフルエンザの流行時期にも入ります。体を冷やして体調を崩さないよう注意して下さい。

日本気象協会 本社 藤野 勝成

最終更新:11/8(金) 17:21
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事