ここから本文です

宇部でセアカゴケグモを初確認

11/8(金) 14:29配信

宇部日報

宇部港、雌に毒 注意呼びかけ

 県は8日、宇部港芝中西埠頭(ふとう)で特定外来種のセアカゴケグモが見つかったと発表した。県内では17件目で、市内では初めて。
 
 県によると、同港を利用する事業者が疑わしい1匹を駆除して通報。県や宇部市、湾岸管理者の緊急調査でも別の1匹が見つかり、いずれも雌のセアカゴケグモと分かった。
 
 セアカゴケグモはオーストラリア原産で、腹部に赤色の模様がある。雌には毒があり、成熟した個体は体調1センチほど。県内では2013年2月に岩国市で初めて見つかった。
 
 触れるとかまれることがあるため、県は、素手で捕まえたりしないように呼び掛けている。引き続き調査を続けるほか、同港の利用者にも注意を呼び掛ける。

最終更新:11/8(金) 14:29
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事