ここから本文です

エアアルマスは脱落 武蔵野Sの好走条件を満たした3頭【武蔵野S】

11/8(金) 18:31配信

優馬

 チャンピオンズCの前哨戦となる当レース。3連勝中のエアアルマスに、昨年の覇者サンライズノヴァ、3歳馬デュープロセスなど、今年も好メンバーが顔を揃えた。ここを制し、更なる高みへ上るのはどの馬か?

連対馬の条件は?

 チャンピオンズCの前哨戦と言うだけあって、例年、出走メンバーはハイレベル。上位争いに加わるためには、相応の実績と近走成績が求められる。過去10年の連対馬の共通点は以下の通り。

■武蔵野Sで連対した20頭の共通点(過去10年)
・ダート重賞連対かOP特別1着実績あり(20頭中19頭)
・前走5着以内(20頭中17頭)

 条件戦勝ちやOP特別で善戦したくらいでは実績不足。また、実績が十分でも直近で大きく敗れていた馬には減点が必要となる。6歳以上の連対率が6.5%というデータも加味しこれを除くと、連対候補はアディラート、アードラー、エアアルマス、サンライズノヴァ、デュープロセスの5頭に絞られる。

東京マイル巧者に注目

 さらに連対した20頭を見ていくと、うち16頭には東京ダート1600mへの出走経験があり、このうち13頭はそこでの連対率が50%以上だった。左回りのワンターンで長い直線が待ち受ける東京マイル。特異な条件とも言えるここでは適性の差も出やすいか。東京マイルで1戦して3着1回のエアアルマスはここで脱落。条件を満たすアディラート、サンライズノヴァ、デュープロセスを連軸候補に推奨したい。

推奨馬

アディラート
サンライズノヴァ
デュープロセス

最終更新:11/8(金) 18:31
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事