ここから本文です

かつて「梅田」は「埋田」だった 湿地帯に造られた初代大阪駅 建設中の写真見つかる

11/8(金) 16:24配信

乗りものニュース

今より西側にあった初代大阪駅

 JR西日本は2019年10月11日(金)から27日(日)まで、ポスター展示「~John England 旧蔵写真で見る初代大阪駅『梅田』は『埋田』だった~」を大阪駅の改札内コンコースで行いました。

【写真】大阪駅には転車台があった

 大阪駅が開業したのは1874(明治7)年5月11日のこと。この2年前の1872(明治5)年10月14日には、新橋~横浜間で日本最初の鉄道が開業しており、大阪駅はこれに続く2路線目、大阪~神戸間の終着駅として建設されました。

 当時の大阪駅は、現在の位置よりも少し西側、JR大阪環状線を福島駅方面へ進んだ辺りにありました。ちなみに計画段階では、そこから南へ下った堂島付近に建設される予定だったといわれています。しかし、当時すでに線路を京都方面へ延ばす計画があったことから、そちらへ進みやすいように設置場所を変更。駅舎は、当時の新橋駅や横浜駅のような頭端式(ホームがくし形で、線路の終端が行き止まりとなった形状)ではなく、列車が通過できる一般的な構造とされました。

 大阪駅は、開業から2年後の1876(明治9)年に京都方面に線路が延び、中間駅となりました。1898(明治31)年には、現在のJR大阪環状線とJRゆめ咲線(桜島線)の一部である、大阪~安治川口間が開業します。当時、この路線は西成鉄道という私鉄が運営していましたが、その列車が国営の大阪駅に乗り入れるという形になりました。1900(明治33)年には、JR大阪環状線の東側半分を運営していた関西鉄道も、独自に設置していた梅田駅を移転する形で大阪駅に乗り入れ、大阪駅は次第に活況を呈するようになります。

「大阪」と言えば「ミナミ」だった

 1901(明治34)年、手狭となった初代大阪駅の東側に、2代目の大阪駅が建設されて移転。現在の場所です。やがて西成鉄道と関西鉄道は国有化され、大阪駅は国営鉄道の単独駅へと戻りました。

 ちなみに、当時は大阪駅のことを「梅田駅」「梅田ステーション」と呼ぶ人が多かったそうです。というのも、当時この辺りはまったく開発されておらず、「大阪」といえば難波や心斎橋などの、いわゆる「ミナミ」を指していたため、「大阪駅」と言われてもピンとこなかったとか。1906(明治39)年には阪神電気鉄道が、1910(明治43)年には箕面有馬電気軌道(現:阪急電鉄)が、いずれも大阪駅に隣接してターミナル駅を開業しますが、両駅とも「大阪駅」ではなく、「梅田駅」と名付けられました。

 今回のポスター展示は、この初代大阪駅の建設を記録した写真が見つかったことから企画されました。これまで、完成後の写真は各所で公開されていましたが、建設時の写真は発見されておらず、とても貴重な資料だといわれています。

 この写真を撮影したのは、イギリス人技術者のJohn England(ジョン・イングランド)氏です。同氏は初代大阪駅の建設に携わっており、その時に撮影したものと思われます。同氏の子孫が保管していた写真を、京都大学鉄道研究会OBである西城浩志氏らが分析した結果、初代大阪駅の写真であることが判明しました。

1/2ページ

最終更新:11/9(土) 6:06
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事