ここから本文です

子ども2人抱えて離婚予定、教育資金を運用で増やすことに迷い

11/8(金) 18:32配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

ひとり親家庭、8月の現況届で児童扶養手当の受給額が決まる!

今回の相談者は、小学生の子ども2人を抱えて離婚する予定の40歳女性。財産分与されたお金を教育費に充てるつもりですが、少しでも増やすために運用に回しているといいます。FPの氏家祥美氏がお答えします。

【相談者の悩み】

現在、小学生の子ども2人と3人暮らしです。離婚を視野に夫と別居中です。別居を始める際に行った財産分与の2000万円と、独身時代の貯金1000万円が手元にあり、養育費として毎月11万円をもらっています。

私の手取り分と養育費を毎月ほぼ使いきっているため、財産分与で得た分は、まるまる子ども2人の教育費に残しておかなければと考えています。しかし、教育費を投資に回してよいのか、現金で持っていたほうがよいのではないかと悩んでいます。というのも、いまの会社は退職金がなく、また体力的にきついため、給料の低い仕事へ転職する可能性もあります。そのため資産を少しでも増やしたく、iDeco月2.3万円、ロボアドバイザー月8万円を手持ち資産から投資信託で積立てています。

現在の家計状況だと、この先厳しくなるのかどうかがよくわからないため、どれくらい熱心に節約すべきなのかがピンときていません。ただ、環境変化を少なくするため、子どもたちの習い事は見直したくないと思っています。我が家の家計状況と、手持ち資産の扱い方について、アドバイスいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

<相談者プロフィール>
・女性、40歳、既婚(夫:44歳、会社員、別居中)
・子ども2人:10歳、7歳
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:35万円
(妻:23万円、養育費:11万円、児童手当:1万円)
・年間の手取りボーナス額:45万円
・毎月の世帯の支出目安:約30万円

【支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:5万円
・保険料:0.6万円
・通信費:1万円
・車両費:なし
・お小遣い:2.5万円
・その他:5万円(日用品、レジャー費他)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円ほど(特に決まっていない)
・現在の貯蓄総額:2900万円
・現在の投資総額:210万円
・現在の負債総額:なし

1/3ページ

最終更新:11/8(金) 18:32
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事