ここから本文です

運転手が客にセクハラ行為、タクシー会社に行政処分 香川・小豆島

11/8(金) 18:49配信

KSB瀬戸内海放送

 香川県・小豆島のタクシー運転手による女性客へのセクハラ行為で行政処分です。
 
 セクハラ行為をした運転手を雇っていたタクシー会社に対し、四国運輸局が車両の使用停止の行政処分をしたことが分かりました。
 運転手への指導監督の義務を果たさなかったのが、処分の理由だということです。

 四国運輸局から処分を受けたのは、小豆島でタクシーやバスを運行している小豆島交通です。
 小豆島交通によると、タクシー2台について10月5日から10日間の車両の使用停止処分を受けたということです。

 この処分は今年5月、当時勤務していた60代の男性運転手が、観光で台湾から小豆島を訪れていた30代の女性客に対し、タクシーを降りた後体を触るなどのセクハラ行為をしたことによるものだということです。

 島内の観光名所寒霞渓ロープウエーの山頂の駅に設置された防犯カメラの映像にも、女性がタクシー運転手から逃れる様子が映っていました。

 四国運輸局は6月、投書でこの問題を把握。調査に対して会社は、セクハラ行為があったことを認めていました。
 会社は、この運転手が他にも自損事故を起こしていたとして、6月に懲戒解雇処分にしています。

 四国運輸局は近く、今回の会社への処分を公表するとみられます。
 小豆島交通は再発防止のために社員教育を徹底しているということです。

最終更新:11/8(金) 19:36
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事