ここから本文です

仏代表監督のデシャン、グリーズマンの現状に心配なし「バルサの助けとなる」

11/8(金) 21:03配信

SPORT.es

7日(木)、ユーロ2020予選の2試合を戦うフランス代表メンバー23人が発表され、監督のディディエ・デシャンが選手達に関してコメントを残した。

代表監督がデンベレに忠告「遅刻の癖がある」


■バルサでのグリーズマンの現状
「私はグリーズマンについて全く心配していない。彼は才能と高い質を持っているからバルサにいるんだ。今はチームメイトを理解し、戦術的なシステムに適応する必要がある。彼のプレーは非常に勇敢だ。彼の長所がバルサの助けとなるだろう」

■招集外となったウスマン・デンベレとサミュエル・ユムティティ
デンベレに関しては、「度重なるフィジカルの問題によって招集外となっている。それは理想的ではない。どこから問題が来てるか?それは彼に聞いてくれ。我々は彼を待つことしかできない。彼は23人の代表メンバーに入る確実な候補者だが、今はベストな状態からは程遠い」とはっきりとコメントしている。

ユムティティについては次のように述べた。
「今のところ殆どプレーしていない。彼の膝の問題について正確にはわからないが、今はクレマン・ラングレとプレスネル・キンペンバが安心感を与えてくれる。サミュエルはサミュエルであり、彼の長所を活かすためにコンディションを整える必要がある。彼はデリケートな時間を過ごしている」

■フランス代表
フランス代表は、勝点19を獲得し、トルコと並んでグループHの首位に立っている。
アイスランドが彼らと勝点4差の15ポイントで3位、アルバニアが勝点12で4位、そしてアンドラとモルドバがそれぞれ勝点3で最下位となっている。

フランス代表は14日(日本時間15日4:45~)にホームでモルドバと対戦し、17日(日本時間18日4:45~)にはアウェーでアルバニアと対戦する。

最終更新:11/8(金) 21:03
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事