ここから本文です

「ミランに必要なのはビッグマッチでの勝利」ミランMFがユヴェントス戦へ意気込み

11/8(金) 20:14配信

GOAL

ミランに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチが7日、イタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じ、チームについて語った。

ミランは今シーズン、元サンプドリア指揮官のマルコ・ジャンパオロの下でスタートを切ったが、成績は低迷。一時は降格圏が間近に迫った。当初はジャンパオロを長い目で見守る意思を示していた経営陣も10月に入り、方針転換を決定。後任にステファノ・ピオリを据えた。ミランMFクルニッチは新指揮官を支持している。

「ジャンパオロのことは残念に思うが、自身のカルチョを教えるのにかなりの時間を要する監督だった。僕らは今、ピオリの下で、より決定力を発揮できている。ピオリのカルチョは、僕らの特徴により適しているように思うんだ」

しかしミランはピオリ就任後もここまで1勝2敗1分と成績が上向かないまま。それでもミランMFは自信を見せた。

「ミランは結果が足りないだけ。ラツィオ戦では良いパフォーマンスを見せることができたし、正しい道を進んでいることを証明できたと思う。物事にしっかり取り組もうとするときは特に簡単には行かず、結果を出せないものだ。だが僕らは団結し、冷静でいなければならない。できる限り早く、勝利をつかめることを願っている」

ミランは10日は、アリアンツ・スタジアムにおいて、ユヴェントスとのビッグマッチに挑む。クルニッチは、イタリア王者との一戦がミランにとって転換点になると捉えている。

「ユヴェントスはセリエA最強のクラブ。対戦するのは最も難しい相手だ。だが僕らに必要なのは、まさにこういう試合だと思う。もし勝つことができれば、様々なことが変わり出すはずだからね。僕らに足りないものは自信。重要な勝利をつかむことができれば、勢いを取り戻せるはずだ。自分たちを信じて、トリノでは勝てると思って臨みたい」

最終更新:11/8(金) 20:14
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事