ここから本文です

神戸教師間いじめ 加害教師の1人が処分取り消し求める

11/9(土) 0:02配信

ABCテレビ

ABCテレビ

神戸市の小学校の教師間いじめで、処分を受けた加害教師の1人が、取り消しを求めて市に審査請求したことがわかりました。

神戸市立東須磨小学校では、20代の男性教師が同僚から、激辛カレーを食べさせられるなどのいじめを受け、体調を崩して休職しています。加害者側の教師4人も10月以降、有給休暇扱いで休職していて、これに市民からの批判が殺到。神戸市は、4人の給与を差し止めるために条例を改正し、市教委が先月31日から実際に差し止めています。これに対し、加害教師の1人(30代男性)が給与の差し止めを不服として、処分の取り消しを求めて、市の人事委員会に審査請求していたことがわかりました。4人への処分をめぐっては、法律関係者などによる審査会も「改正した条例を適用するのは不相当」だとしていました。

ABCテレビ

最終更新:11/9(土) 0:02
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ