ここから本文です

選抜高校野球21世紀枠 県推薦校に大垣西

11/8(金) 10:54配信

岐阜新聞Web

 岐阜県高野連は7日、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠の県推薦校に、県秋季大会3位で東海大会へ出場した大垣西を選んだと発表した。

 大垣西は秋の県大会準決勝で、東海では準優勝した県1位の県岐阜商に中盤まで5―0でリードしながら延長戦の末に6-8で惜敗。3位決定戦で大垣日大を7-5で下し、3年間で2度目となる秋の東海大会出場を果たした。2年前は東海地区推薦校にも選ばれている。その他の推薦理由としては▽県高野連のアドバイザー派遣事業の活用▽ベースボールドクターとの連携▽継投を重視するなど投手の障害予防に努めている-などを挙げている。

 21世紀枠は各都道府県高野連が1校ずつ推薦し、全国9地区で各1校に絞られる。来年1月24日の選考委員会で、9校から東(東海、北信越以東)と西(近畿以西)で1校ずつを、残り7校から地域を限定せずに最後の1校を選び、計3校が出場する。

岐阜新聞社

最終更新:11/8(金) 10:54
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事